ビートルズ「P.S. アイ・ラヴ・ユー」

イントロなしで始まるのは「オール・マイ・ラヴィング」が最初かと思ってましたが

ビートルズはデビュー曲のシングルB面で早くもやってました

あと、タイトルがカッコよくないですか?

デビュー前の若きポールが書いた素晴らしいラヴソングです

「P.S. アイ・ラヴ・ユー」なんて、ちょっと恥ずかしくなりますが

ラヴソングだからいいのです(笑)

 

アルバム・バージョンの「ラヴ・ミー・ドゥ」と同様

この曲でもドラムはセッション・ドラマーが叩いていて

リンゴはマラカスです

リンゴのマラカスといえば「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を思い出します

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のマラカスは非常に印象的ですが

「P.S. アイ・ラヴ・ユー」のマラカスは注意して聴かないと気づかないかも

 

私が不思議に思うのは

デビュー当時はジョンが絶対的なリーダーだったころで

それなのにデビュー・シングルがA面B面ともポールの曲だということです

ジョージ・マーチンやブライアン・エプスタインの言うことに

そのとおり従っていた、ということでしょうか

 

(参考文献)

中山康樹「これがビートルズだ」(講談社現代新書)

大人のロック!編「ザ・ビートルズ全曲バイブル」(日経BP社)

ビートルズ「ラヴ・ミー・ドゥ」

「マイルスを聴け!」で知られる中山康樹氏の

「これがビートルズだ」(講談社現代新書)のまね事です

 

公式アルバムで聴ける「ラヴ・ミー・ドゥ」には次の4つのバージョンがあります

1 アルバム・バージョン 「プリーズ・プリーズ・ミー」などに収録

2 シングル・バージョン 「Past Masters,Vol.1」に収録

3 ピート・ベスト・バージョン 「アンソロジー1」に収録

4 ライブ・バージョン 「Live At The BBC」に収録

 

シングル・バージョンのドラムはリンゴが叩いてますが

アルバム・バージョンのドラムはセッション・ドラマーだという話は有名です

違いはタンバリンが入っているかどうかで

タンバリンありがアルバム・バージョン、ないのがシングル・バージョンです

どっちがいいかは好みだと思いますが

私は聴きなれたアルバム・バージョンがしっくりきます

 

中山康樹は「ラヴ・ミー・ドゥ」を凡曲、凡演と断じていて

ビートルズがこの曲をデビュー曲に選んだ理由がわからない、とも言っています

私も初めて聴いたときはシンプルなのが取り柄のつまらない曲だと思いました

ハーモニカで始まるのが当時としては斬新だったという話も

今となっては実感がありません

「ハーモニカを録音するのはリバプールで俺たちが初めてだった」みたいなことを

ジョンが言っていたのを考えると

やはりハーモニカが入る曲は珍しかったのでしょう

新しさのあるオリジナル曲でデビューしたい、というのが

ジョンをはじめメンバーの願いだったのだと思います

 

(参考文献)

中山康樹「これがビートルズだ」(講談社現代新書)

大人のロック!編「ザ・ビートルズ全曲バイブル」(日経BP社)

第79期A級順位戦9回戦

明日は将棋ファンにとって「将棋界の一番長い日」としておなじみの

A級順位戦9回戦一斉対局が行われます

斎藤慎太郎八段は自身が勝つか、広瀬章人八段が負ければ名人挑戦です

斎藤さんが負けて広瀬さんが勝てばプレーオフになります

 

私の予想は

○斎藤八段(8-1)ー●佐藤天九段(4-5)

●広瀬八段(6-3)ー○豊島竜王(6-3)

○佐藤康九段(5-4)ー●菅井八段(4-5)

○糸谷八段(5-4)ー●稲葉八段(2-7)

●三浦九段(1-8)ー○羽生九段(4-5)

です

斎藤ー佐藤天戦、広瀬ー豊島戦のどちらかが終局した瞬間に

斎藤さんの名人挑戦が決まるでしょう

 

まあ、私の予想はあてにはなりません

正直、羽生ー三浦戦はどちらが勝つかわからないし

8回戦もブログに書きはしませんでしたが

私の予想は大外れでした

私は斎藤さんが稲葉さんに負け、豊島さんは佐藤会長に勝つと思っていました

9回戦は斎藤、豊島、広瀬の3人が並ぶ、すごい展開だと思っていましたから(笑)

Apple TV(第3世代)でYouTubeが見れなくなる件

私は朝食時にYouTubeクラシック音楽を聴いていました

演奏しているところを見ることができるので気に入っていたのですが

3月上旬からApple TV(第3世代)ではYouTubeが見れなくなります

YouTube視聴時にメッセージが流れました

そうか私のApple TVは第3世代か、と気づいた次第です

購入したのが2012年12月ですから

まあ十分働いてくれました

 

iPadなどを経由してAirPlayでYouTubeの視聴は可能ですが

利便性が減少…早い話がめんどくさくなります

一度iPad経由での視聴を試そうと思いましたが

iPadApple Musicを聴く方が手っ取り早いので

この間から朝食時はApple Musicを聴いています

スピーカーはiPadのものは頼りないので

BoseBluetoothスピーカーを使ってます

曲を選ぶときはApple Musicの方が楽になりました

Apple Watchの使い心地

2020年7月にApple Watch Series3を買いました

税別で19,800円という価格と

38mmのサイズを選べるのが魅力です

買ったばかりの頃は暑かったので

ゴムバンドみたいな黒色バンドで使ってましたが

寒くなってからは革製のバンドに付け替えています

また暑くなって汗ばむようになったら

黒色バンドに戻すか、別の涼しそうなバンドにするか

その辺も楽しみです

 

Apple Watchのいいところは

なんといっても時間が正確だという点です

電波時計並みの正確さです

インターネット上のタイムサーバーから情報を受け取るらしいので

電波塔から電波を受信する電波時計と原理は似ています

 

バッテリーがどれだけもつのか心配かもしれません

意外ともちます

私も使うまではバッテリーのもち具合が心配でした

朝食を食べ始める午前6時15分頃に電源を入れて

仕事を終えて帰宅する午後7時15分頃まで

ずっと腕に着けていますが

バッテリーの残りが60%を下回ったことはありません

帰宅後まもなく充電を始めれば

夕食と入浴が終わる頃には満タンになっています

トランプ前大統領の弾劾裁判は無実となったが…

米下院が弾劾訴追し、同上院において開かれた弾劾裁判は

共和党議員の造反があったものの

無罪評決という結果になりました

昨年11月3日の投票日から続いた諸々の混乱も

やっと落ち着いたように思います

 

1月6日の議会侵入事件以来、情報が入り乱れて

何が本当なのかわからない状況が続いていました

ホワイトハウスを州兵が取り囲んだときは

「トランプが勝った。すごい作戦だ」と思いましたが

緊急放送はないし、バイデン側の大量逮捕もなく

いろいろ取り沙汰されてはいますがバイデンの就任式も行われて

トランプ氏の肩書は前大統領になりました

 

私が今も気になるのは

シドニー・パウエル弁護士が起こした訴訟がどうなるのか

今も多数の州兵がワシントンDCにいるのはどうしてなのか

オバマゲートの機密情報は開示されたのではなかったのか

などです

もう少し様子見でしょうか

株投資の再開も同様です

1月6日のペンス副大統領に注目が集まっているが…

来年といっても、もう目と鼻の先ですが

1月6日、米上下院合同会議が開かれます

議長を務めるペンス副大統領が

選挙人の投票結果(特に激戦区6州の投票結果)を受け入れるのかどうか

ここにアメリカはもとより世界中が注目しています

ところが、ここにきて「マイク・ペンスは裏切り者」という声が出てきました

リン・ウッド弁護士は激しい物言いをすることがあるので

文字どおり裏切り者とは思いません

ただ、元々が実業家だったトランプ大統領と違い

ペンス副大統領は下院議員を6期、インディアナ州知事を務めた政治家であり

2016年の大統領選挙ではトランプと共和党の橋渡し役を期待されました

トランプよりずっと議会寄りの人だったわけです

今の状況下でペンス副大統領に「迷い」または「弱気」が出てきたとしても

それは驚くことではないのでしょう

 

今回の大統領選挙では

マスコミ、司法省、FBI、CIA、州知事、州議会のほか

上院下院とも、共和党であっても反トランプの議員が少なからずいることが

だんだん明らかになってきました

ペンス副大統領が選挙人の投票結果を受け入れなかったとしても

下院がトランプを次期大統領に指名するかどうかは不確実です

トランプ大統領の味方は民衆だけといっていい状況ですから

トランプの再選は再選挙でしか実現しないように思います

 

ペンス副大統領が選挙人の投票結果を認めず

不正だらけの選挙自体を無効と宣言して再選挙を呼びかけ

ワシントンDCに集まった大群衆が「再選挙、再選挙」と叫ぶ

というのが私の妄想であり願いです

あと、ジーナ・ハスペルCIA長官なんかが議会で証言とかしてほしいですね